toraのブログ

役立つ生活情報や趣味のバス釣りや筋トレ、ドラゴンボールのフィギュアレビューについて公開しています。

カバーネコリグ(スナッグレスネコ)の使い方解説


 

 

 

川村光大郎さんのスナッグレスネコリグで一気に世に広まったカバーネコリグですが、カバー周りでのバイト数はピカイチです。

 

初めて使ったときは

 

「こんなに釣れるのかよ!!」

 

っておしっこ漏らしました。

 

今回はカバーネコリグについて解説します。

 

 

 

 

カバーネコリグの使い方

 

カバーネコはカバー撃ちのリグの中で最も食わせの力が強いリグです。

カバー撃ちでフィネスなリグといえばスモラバやファットイカなどの高比重ノーシンカーがありますが、ネコリグでのカバー撃ちのバイト数はこれらよりも遥かに多いと感じています。

 

実際にハイシーズンの相模湖で2桁釣果やGWでの霞水系でも短時間で何本もの魚を連れてきてくれています

 

カバーネコリグの使い方は名前の通りカバーにブチ込むだけです!

男なら挿れていけ!

 

葦際に落としてアクションで誘ったり、ブッシュに絡めたり、枝にラインを持たせて提灯や中層で誘ったりとマットカバー以外はカバーネコリグが活躍します。

 

 

スモラバとカバーネコリグの使い分け

 


f:id:toraziroux:20190520200634j:image

カバー撃ちでバイト数が多いフィネスなリグといえなスモラバです。

スモラバとカバーネコリグの使い分けですが、葦際などの枝にラインを引っ掛けずにフォールからアクションで誘うシャローカバーではカバーネコリグがおすすめです。

フォールからのカバー際でアクションする場合はどうしてもネコリグのアクションの方が食わせ力もアピールも強いです。

やはりボトムで艶かしく動くアクションはシェイクしてもスモラバには出せません。

スモラバですとボトムに転がってピリピリ動く感じなのでアピールも少ないですし1点シェイクで食わせることが多いのでカバー際から少し引いてくる場合はスピードが遅いです。

中層スイミングの場合もスモラバではスッと動きすぎてしまうので移動距離が長くカバー際であまり誘えません。

カバーネコリグのヘコヘコしたスイミングは中層でも効果バツグンです。

 

しかし葦際に水深がありフォールで食ってくる場合はスモラバに分があります。

カバーネコリグの場合ストレートワームを使うことが多いですがそれですとフォール中のアクションがなかったりフォールスピードが速すぎる場合があります。

その場合はスモラバにクロー系などのフォール中にアクションするトレーラーを着けた方が良いです。ラバーの分フォールスピードも遅いですしね。

 

ブッシュやレイダウンの枝に引っ掛けて提灯で誘う場合は入りやすさは同じウエイトならカバーネコリグに分があります。使うシンカーの重さやワームにもよりますが真下に重心があり、ストレートワームだとスルっと入るので貫通力があります。

スモラバも小さめのトレーラーなら貫通力がありますが、クロー系やパーツの多いトレーラーをつけるとネコリグの方がカバーに入りやすいです。

 

しかし回収時はカバーネコリグだと針先が出やすく引っかかることが多いです。

一度針先が出てしまうと回収中にめちゃくちゃ引っかかります…(特にゲーリーとドライブクローラー)

その点スモラバはガードがあるので丁寧に回収すればほとんど引っかかりません。

 

なのでカバーが延々と続きテンポ良く撃っていく場合はスモラバ、いかにも美味しそうなカバーで丁寧に誘うときはカバーネコリグを使います。

 

 

 

カバーネコリグのシンカー

 

真下に落としたいのとカバーの中でも目立つようにしっかりアクションさせたいのでシンカーは重めを使います。

 

葦際では1.8gを使用し、枝に絡める場合はラインが枝に掛かっても落ちてくれるように2.7gをメインに使用しています。

カバーが濃かったり、水深があるポイントで提灯で中層まで沈める場合は3.5gも使用します。

 

またネイルシンカーは普通のネコリグよりもタフな使い方になるので抜けにくいものを使用して下さい。

 

おすすめはシンカーは

・ジャッカル:JKタングステンカスタムシンカー

 

カエシが深い形状なのでワームから抜けにくいです。

2.2gという絶妙なラインナップが良いです。

3.5g以上はこちらのハンマーネイルを使用します。


 

 

 

・ボレアス:アノストシンカー

 


 

ネジの様な形状になっており抜けにくさではピカイチです。また重心が1点に集中しているのでカバーの貫通力や移動距離を抑えた誘いに優れています。

 

 

ネイルシンカーではレインズが結構人気ですけどあれはおすすめできません。

カエシがないので柔らかいワームだとすぐに抜けてしまいます。

 

 

カバーネコリグのフック

 

FINA:N・S・S Hook 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハヤブサ(Hayabusa) ハヤブサ NSSフック パーフェクション
価格:361円(税込、送料別) (2019/5/14時点)

楽天で購入

 

言わずとしれた川村光大郎さん開発のスナッグレスネコ専用フック。

ストッパーがついており針先が出にくくなっています。

スイベル付きのN・S・S  Hook Perfectionも発売しておりこちらは糸よれを防ぐことができます。

 

 

Nogales:フッキングマスター ネコリグオフセット

 


 

 

少しセットが面倒くさいですが、スナッグレス性能はN・S・S  Hookよりも上です。

セットの仕方はこちらをご覧下さい。

 

www.youtube.com

 

カバーネコのワーム

 

シャッドテールワームやクロー系ワームなどもスナッグレスネコリグに使用できますがアピールと食わせのバランス的に汎用性はストレートワームの方が高いです。ネコリグの基本となるワームですしね。

おすすめのワームは

 

 

・ゲーリーヤマモト:カットテール

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲーリーヤマモト カットテールワーム 5inch GaryYamamoto 【メール便可】【2】
価格:729円(税込、送料別) (2019/5/15時点)

楽天で購入

 

 

言わずとしれた皆大好きカットテール!!

ゲーリーの最高傑作でありこれで初バスを釣った人も多いのではないでしょうか。

ゲーリーマテリアルが生み出す艶かしいアクションはカバーネコでも健在です。

ただし脆いのですぐ針先が出てしまうのが欠点ですね…

パワーフィネスでは3.5~4インチ、ベイトフィネスでは5インチが基準です。

 

 

・OSP:HP 3D-Wacky

 

2つに別れたテールがシェイクしたときに別々に動いてカバーの中でもしっかりとバスにアピールできます。

少し硬めのマテリアルで針持ちが良く針が飛び出しにくいのも良いですね。

 

この動画では相模湖でのカバー撃ちでHP 3D-Wackyを使用しています。
 

 

www.youtube.com

・DAIWA:ネコファット

 

 

DAIWAとUSゲーリーの共同開発ワーム。

太いボディが強く水を押しカバーの中でも存在感があります。

太めで針先が出にくいのもポイントです。

ラインナップは4インチと5インチの2種類です。

自重があるのでベイトフィネスではないMHクラスのロッドでも扱いやすいです。

 

 

 

 

カバーネコリグのロッド

 

カバーの濃さにもよりますが、カバーを撃つなら最低でもMLのベイトフィネス以上が欲しいですね。ブッシュの中を撃つならMやMHクラスが望ましいです。キャストが苦手な方はソリッドティップが投げやすいです。

 

私はポイズンアドレナの163mをメインに使っています。ベイトフィネスではなく普通のベイトロッドですがリールの進化も有り快適に投げれています。

ちなみにリールはSVライトリミテッドですがベイトフィネスに近い領域まで踏み込めます。本当に1タックルでできることが増えたなー。

 

www.torajirou.jp

 

 

パワーフィネスで打つ場合はM以上が望ましいです。

 

ラインは葦際なら8ポンド、ブッシュの中に入れるなら12ポンドを基準に選んでいます。

 

 

 

近年ますます釣れなくなっている日本のフィールドでカバーネコは大活躍してくれます。

 

是非使ってみてください!

 

バイトの数にビビりますよ。

 

 

スポンサーリンク