toraのブログ

役立つ生活情報や趣味のバス釣りや筋トレ、ドラゴンボールのフィギュアレビューについて公開しています。

壁に開いた穴を自分で修理する方法!

 

 

 

 

 

悪ふざけ、思春期の苛立ち、女の子への壁ドンなどの理由は様々ですが健全な男子なら1度はこんな経験があるでしょう。

私は筋トレ中の事故で

 

 

 

ああああああ゛あ゛あ゛あ゛!!!!

 

 

 

賃貸なのにぃぃいい!!!

 

 

どうしよう!!!

 

 

落ち着け俺!!!!

 

 

このままでは高額な退去費用を請求されてしまう!!

 

もうすぐ引っ越しなのに!

 

そしてグーグル様に【壁 直し方】で質問してみたところ

 

 

「これ自分で直せんじゃね?」

 

と思いチャレンジした結果

 

この度【壁直し童貞】を卒業致しました。

 

では壁の直し方を説明します。

 

 

壁の穴の直し方

 

用意するもの

 

まずはコイツらを用意します。

全てホームセンターで揃います。

 

 

材料

・リペアシート

・パテ

・ヘラ

・壁紙補修セット(ローラーとノリ)

・紙ヤスリ

・壁紙

 

総額4000円もあれば揃います。

 

壁紙はホームセンターに見本帳があるので破れた箇所の壁紙を切って持っていって品番を調べましょう。

 

 

15cm角程度ならサンプル品で無料で貰えます。それより大きいと1m単位で切り売りが一般的です。

 

 

では手順です

 

①穴の周りを綺麗にする

 

崩れかけの部分を剥がして穴を広げてください。(エロい…

ちょっと勇気が入りますが穴の周りを綺麗にしないとリペアシートがうまく貼れなくなるので思い切って広げましょう。

 

②穴の周りのクロス(壁紙)を切る

穴の周りに定規を当てて四角くカッターを入れていきます。

切る面積はリペアシートより大きくして下さい。

切ったあとはボートにクロスが張り付いているので剥がしていきます。

カッターの刃で端っこを少し剥がしてからゆっくりと剥がすと1回で綺麗に剥がせます。

 

 

③リペアシートを貼る

 

穴の上にリペアシートを貼ります。

必ずクロスがリペアシートより大きく切れていることを確認してください。

 

④リペアシートにパテを塗る

 

リペアシートにパテを塗ります。

塗ったらヘラで伸ばしていきます。

この後紙ヤスリで削るので薄すぎるのはNGです。

その後は乾くまで放置です。

完全に乾くには5.6時間かかるのでオ○ニーYouTubeでも見てて下さい。

 

 

⑤紙ヤスリで平らにする

 

パテが乾いたら紙ヤスリで削ってパテを平らにしていきます。

床が粉まみれになるので新聞紙を敷くなどしてください。

紙ヤスリは粗めの80番と仕上げ用の300番を使いました。

パテを塗ってない箇所と塗はじめの段差を無くすのがポイントです。

 

⑥新しい壁紙と古い壁紙を切り抜く



新しい壁紙を切り抜いた壁紙より2.3cm程大きめに切ります。

下の古い壁紙ごと切れるように強めにカッターを入れてください。

 

下の古い壁紙の切れた部分を剥がします。

 

こんな感じです。

 

すると新しい壁紙と壁紙が無い部分が同じ大きさになります。

新しい壁紙に上下が分かる様に印をつけておいた方が良いです。

 

 

⑦新しい壁紙を貼る

 

切り抜いた新しい壁紙にノリを塗って付属のヘラで薄く均等に伸ばします。端っこの方までしっかり塗りましょう。

 

伸ばしたらいよいよ貼り付けです。

ズレない様に慎重に貼っていきます。

貼ったらローラーで空気を抜いて、古い壁紙との目地が分からなくなる様にローラーでコロコロと圧力をかけていきます。すると繋ぎ目が消えていきます。

 

ノリが乾けば……

 

 

 

 

完成!!!

 

 

 

中々うまくできたのではないでしょうか!!

 

パッと見は分かりません。

 

近くでよく見ると繋ぎ目が分かる程度です。

 

 

この程度なら全然気にならないです。

 

 

退去立会これで乗り切れるかな……

 

 業者に頼むと3~5万円程かかるので小さい穴なら皆さんも自分で直してはいかがでしょうか。

 

では!

スポンサーリンク